これまでのEDI運用事例(ASNデータ)


     
     これまでのEDIの運用の事例をご説明します。伝票(チェーンストア統一伝票など)を使用しないで、出荷データ(ASNデータ)を送信する運用です。現在も使用されています。(2019.04.12更新)

    ⇒ASNとは

    ASNを使用する運用でない場合は

    伝票(チェーンストア統一伝票など)運用の場合は、こちらへ

    ⇒これまでのEDI運用事例(チェーンストア統一伝票)

    流通BMSの運用の場合は、こちらへ

    ⇒流通BMS運用事例

    伝票レスの場合のEDI運用

    納品先に商品を納品する場合に、伝票(チェーンストア伝票など)なしで商品を納品する運用になります。伝票(チェーンストア伝票など)を使用しないため、運用コストを下げることができます。

    ⇒伝票レスとは

    発注~支払までの卸・メーカー側の運用例になります。

     

    発注データ受信

    チェーンストア(小売)から、JCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順 などを使用し、発注データを受信します。

    ⇒これまでのEDIデータ種類

    ⇒JCA手順とは

    ⇒全銀TCP/IP手順

    発注データから、ピッキングリスト(品揃えするための資料)を出力します。

    SCMラベル(PDラベル)印刷

    受信した発注データをもとに、SCMラベル(PDラベル)を印字します。

    ⇒SCMラベルとは

    値札印刷

    発注データあるいは値札データをもとに、値札を印字します(商品によっては不要の場合もあります)。

    品揃え

    発注データから出力したピッキングリスト(品揃えするための資料)に従い、出荷する商品の品揃えを行います。

    検品、梱包作業

    SCMラベル(物流ラベル)・値札(あるいはJANコード)をバーコードリーダー(検品システム)などでスキャン検品し、商品を梱包します。

    ⇒検品システムとは

    出荷作業

    送り状などを用意し、商品を出荷します。

    出荷データ送信

    JCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順 などを使用し、チェーンストア(小売)へ出荷データ(ASNデータ)を送信します。

    伝票レスの場合は、出荷データが請求を兼ねる為、請求を行う必要は、ありません(ほとんどのチェーンストア(小売))。請求レス(請求が不要)になります。

    (チェーンストア(小売)によっては、請求データの送信が必要な場合もあります)

    支払データ受信

    月に一度、支払データを、チェーンストア(取引先)からJCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順 などを使用し、受信します。

     

    まとめ

    ASN運用は、現在も使用されていますが、JCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順を使用している場合は、回線使用料などのコスト、転送速度などに短所があるため、流通BMSなどに切り替わりつつあります。

    ⇒流通BMS

     
     
     
    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。

    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *