EDI

EDIとは何か、今まで使用されてきたEDI、これから普及しつつあるEDIまで、ご説明します。

流通BMSの前提とする3つの業務モデル

流通BMSが前提とする業務は、チェーンストアと卸・メーカーの間での取引が対象となります。チェーンストアからの発注をもって業務が始まる 受発注業務モデルや出荷開始型モデル・預り在庫モデルがあります。

続きを読む

JX手順 サーバー側の5つの必須機能

 

流通BMSを導入する場合、まずサーバー側に流通BMSの通信手順であるJX手順が必要となります。その後、クライアント側にJX手順を用意する順序になります。ここでは、サーバー側のJX手順に必要な5つの必須機能を、ご説明します。

続きを読む

流通BMSの業務プロセス  預り在庫型とは

 

流通BMSの想定している業務プロセスは、小売あるいはチェーンストアからの発注から始まる受発注のモデルになりますが、小売あるいはチェーンストアが運営する物流センターへあらかじめ卸・メーカーの商品を在庫として保管する、預り在庫のモデルもあります。(2022.07.05 更新)

 

続きを読む

流通BMSのフォーマット(レイアウト)の項目説明

流通BMSのメッセージ(データ)のフォーマット(レイアウト)の主要な項目についてご説明します。

発注メッセージ・出荷梱包メッセージ・出荷メッセージ のメッセージをご説明します。主として必須項目の説明になります。(20220705日修正)

続きを読む

JCA手順・全銀TCP/IP手順と流通BMSのJX手順の比較

流通BMSを始めるには、手順をJCA手順・全銀TCP/IP手順などから、JX手順に切り替える必要があります。ここでは、JCA手順・全銀TCP/IP手順とJX手順の違いをご説明することで、JX手順をご理解いただけたらと思います。(20220711日修正)

続きを読む

流通BMSにおけるWindows10への移行ポイント

20200114日をもって、Windows 7 のサポートが終了します。Windows 7  上で、流通BMSのシステムを使用している場合は、Windows 10 に載せ替える必要があります。 ここでは、流通BMSのシステムを Windows 10 へ移行する場合のポイントについてご説明します。(JX手順を使用したクライアント側のパソコンが対象)(20201009日更新)

続きを読む

流通BMSで使用するXMLデータ変換システム4つの機能

流通BMSで使用する送受信データは、XML形式になります。XML形式のデータを取り扱う処理は、煩雑な処理になります。XMLデータを変換するシステムを利用すれば、XML形式のデータを取り扱う煩雑さを避けることができます。(20201027日修正)

続きを読む

流通BMS運用事例 出荷始まり

流通BMSの運用に、一般的な発注メッセージの受信から始まるモデルではなく、卸・メーカーからの出荷から始まるモデルが追加されています。卸・メーカーの出荷始まりのモデルの運用例を簡単にご説明します。(20201027日更新)

続きを読む