流通BMSの前提とする3つの業務モデル

流通BMSが前提とする業務は、チェーンストアと卸・メーカーの間での取引が対象となります。チェーンストアからの発注をもって業務が始まる 受発注業務モデルや出荷開始型モデル・預り在庫モデルがあります。

チェーンストアからの発注をもってはじまる”受発注業務”モデル

⇒受発注業務モデル へ移動

卸・メーカーの出荷をもってはじまる”出荷開始型”モデル

⇒出荷開始型モデル へ移動

チェーンストアが、委託センターにあらかじめ卸・メーカーの商品を在庫とする”預り在庫” モデル

⇒預り在庫モデル へ移動

 

受発注業務モデル

受発注業務モデルは、チェーンストアからの発注をもってはじまります。

流通BMSの前提とする業務モデル 受発注業務モデル 画像

 

1.卸・メーカーは、チェーンストアから、発注メッセージを受け取ります

2.卸・メーカーは、発注メッセージを元に、商品を出荷するとともに、チェーンストアへ出荷メッセージを送ります

3.チェーンストアは、出荷メッセージと商品を入荷検品を行い、入荷した場合は、卸・メーカーへ受領メッセージを送ります

4.卸・メーカーは、チェーンストアから、受領メッセージを受け取ります

5.卸・メーカーは、受領メッセージをチェックし、請求メッセージをチェーンストアへ送ります

6.チェーンストアは、受領メッセージと請求メッセージのチェックを行い、卸・メーカーへ支払メッセージを送ります

 

 

出荷開始型モデル

卸・メーカーの出荷をもってはじまる出荷開始型モデル。原則として”受発注業務”モデルの発注メッセージがない場合が該当します。

流通BMSの前提とする業務モデル 出荷開始型モデル 画像

 

1.卸・メーカーは、チェーンストアからの発注メッセージがありませんので、代わりに発注データを入力します

チェーンストアと卸・メーカーは、発注データについてあらかじめ打ち合わせしておきます

2.卸・メーカーは、入力した発注メッセージを元に、商品を出荷するとともに、チェーンストアへ出荷メッセージを送ります

但し、出荷メッセージは、出荷梱包メッセージ紐付けありを使用します

3.チェーンストアは、出荷メッセージと商品を入荷検品を行い、入荷した場合は、卸・メーカーへ受領メッセージを送ります

4.卸・メーカーは、チェーンストアから、受領メッセージを受け取ります

5.卸・メーカーは、受領メッセージをチェックし、請求メッセージをチェーンストアへ送ります

6.チェーンストアは、受領メッセージと請求メッセージのチェックを行い、卸・メーカーへ支払メッセージを送ります

 

⇒流通BMS運用事例 出荷始まり

 

 

預り在庫モデル

卸・メーカーの商品をセンターの在庫とする”預り在庫” モデル。チェーンストアと卸・メーカーの間で、センターの商品在庫の取り決めを行っておきます。

流通BMSの前提とする業務モデル 預り在庫モデル 画像

 

1.センターは、在庫を補充する必要がある場合に、卸・メーカーへ、在庫補充勧告メッセージを送ります

2.卸・メーカーは、在庫補充勧告メッセージを元に、商品がなければ仕入先へ発注し、商品を仕入れます

3.卸・メーカーは、在庫補充勧告メッセージを元に、商品を出荷するとともに、センターへ入庫予定メッセージを送ります

4.センターは、入庫予定メッセージと商品を検品し、卸・メーカーへ、入庫確定メッセージを送ります

5.卸・メーカーは、入庫予定メッセージと入庫確定メッセージを突き合わせてチェックします

6.センターは、一定時刻に在庫情報を在庫報告メッセージとして卸・メーカーへ送ります

チェーンストアによっては、請求メッセージ・支払メッセージが必要な場合もあります。

 

⇒流通BMSの業務プロセス  預り在庫型とは

 

最後に

生鮮については、ここでは割愛してあります。また、納品については

⇒流通BMSの納品方法 へ

 

 

 

※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。

 

無料試用版:安価に拠点・卸・メーカーと通信できるJX手順 サーバー版

本社・チェーンストアと拠点・卸・メーカーと簡単に通信を行いたいが、サーバー側のソフトウェアは何がよいだろう。あるいは、サーバー側のJX手順のソフトウェア(流通BMSメッセージ送受信機能のソフトウェア)はなにを使用すれば良いのだろう?

設定は簡単だろうか?

どのように操作するのだろうか?

どんな運用をすればよいのだろうか?

現在使用しているシステムとの連携は?

 

サーバー側のJX手順をより理解して頂くために、JX Protocol Server V02JX手順 サーバー版)の試用版をご用意しました。 無償で2週間の試用期間となります。(期間の延長をご希望される場合は、弊社までご連絡下さい。)

 

JX Protocol Server V02JX手順 サーバー版)

JX Protocol Server V02JX手順 サーバー版)主要機能

 

試用版をダウンロードして、ご利用頂きますので、試用期間終了後の試用版の返却は、不要です。

 

 

下記の内容を、ご確認の上、ボタンを押下して下さい。

JX Protocol Server V02 (JX手順 サーバー版)の試用版の著作権は、株式会社アイシーエヌシステムにあります。

JX Protocol Server V02 (JX手順 サーバー版)の試用版の使用から生じるいかなる損害の責任も、直接間接を問わず、弊社は、一切負いません。


JX手順 サーバー版(試用版)を申し込む

SNSでもご購読できます、E/h4>

コメントを残す

*