流通BMSにおける軽減税率の取り扱いについて


    201910月から、消費税が10%に引き上げられ、軽減税率が導入されます。流通BMSにおける、消費税の対応方法を簡単にご説明します。

    消費税の取扱方法

    流通BMSでは、消費税の取り扱いを伝票毎に指定し、取り扱うことが原則になっています。

    よって、伝票の明細単位に消費税が、変わることはありません。

    軽減税率は、伝票の毎に消費税を指定することで、対処することになります。

     

    税に関するメッセージ項目

    流通BMSでは、税に関するメッセージ項目は、税区分と税率が該当します。

    税率項目は、任意で、税区分項目は、選択必須となっています。

    税区分:消費税を分類する区分 内税・外税・非課税等

    税率 :消費税 小数点以下1桁

     

    メッセージ

    税に関するメッセージ項目を指定できるメッセージは、

    発注メッセージ

    出荷メッセージ

    受領メッセージ

    受領訂正メッセージ

    返品メッセージ

    請求メッセージ

    支払メッセージ

    になります。

    ⇒流通BMSのデータ種類(メッセージ)

     

    また、税に関するメッセージ項目は、発注メッセージからメッセージを引き継ぐことになっています。

    よって、出荷メッセージ、請求メッセージでは、発注メッセージと異なる値を、税に関するメッセージ項目に設定することはできません。

     

    したがって、発注メッセージに税に関するメッセージ項目を設定されている場合は、出荷メッセージ、請求メッセージに税に関するメッセージ項目を設定しなければなりません。

     

    設定不要

    出荷梱包(紐付あり)メッセージ、出荷梱包(紐付なし)メッセージには、税に関するメッセージ項目はありません。これらのメッセージは、梱包単位を基準としたメッセージであるため、税に関するメッセージ項目は、設定できないためと考えられます。

    また、請求レスの場合は、出荷梱包(紐付あり)メッセージ、出荷梱包(紐付なし)メッセージが、請求機能を兼ねるので、請求メッセージは不要となります。

    したがって、軽減税率等のために、税に関するメッセージ項目を使用する必要がある場合でも、出荷梱包(紐付あり)メッセージ、出荷梱包(紐付なし)メッセージを使用する請求レスの場合は、サーバー側へ送信するメッセージに税に関するメッセージ項目を設定する必要がないということになります。

     

    例1

    出荷メッセージを使用する場合

    発注メッセージ税区分・税率あり
    出荷メッセージ税区分・税率あり
    受領メッセージ税区分・税率あり
    返品メッセージ税区分・税率あり
    請求メッセージ税区分・税率あり
    支払メッセージ税区分・税率あり

     

    例2

    請求レスかつ出荷梱包(紐付あり)メッセージを使用する場合

    発注メッセージ税区分・税率あり
    出荷梱包(紐付あり)メッセージ税区分・税率なし
    受領メッセージ税区分・税率あり
    返品メッセージ税区分・税率あり
    支払メッセージ税区分・税率あり

    出荷梱包(紐付あり)メッセージのかわりに 出荷梱包(紐付なし)メッセージの場合も同じ

     

    最後に

    流通BMSのソフトウェアは、軽減税率に対応するためには、出荷メッセージを使用している場合は、税に関するメッセージ項目を設定しなければなりません。

    出荷梱包(紐付あり)メッセージ、 出荷梱包(紐付なし)メッセージを使用している場合は、流通BMSのソフトウェアの変更はありません。

    但し、クライアント側で受信するメッセージは、税に関するメッセージ項目の対応する必要があります

     

     

     

    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。


    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *