オフコンユーザ必見!移行(マイグレーション)の期待効果3つ


     

    レガシーシステム(遺産のシステム)となったオフコン(オフィスコンピュータ)システムを、オープンシステムへ移行(マイグレーション)した場合、期待される効果(メリット)はどうでしょうか?(20181010日更新)

     

    レガシーシステムの問題点とオープンシステムへ移行した場合の期待効果(メリット)をご説明します。

     

    レガシーシステムの問題点

    レガシーシステム(実質、オフィスコンピュータやメインフレームのシステム)の問題点を、簡単にあげておきます。

    システムの仕様が不明

    システム仕様書・プログラム仕様書などのドキュメント類が整備されていない。

    システムの仕様がわかっている特定の人物しか運用・保守ができない。

    障害が発生した場合、関連の資源調査から調査するため、障害対応に時間がかかる。

     

    システム修正不可

    システム運用が困難な箇所を、コンピュータを使用しないで人手を使ってフォローしていることがある。

    主要なシステム以外に、主要なシステムの運用をサポートする機能のみのシステムがある。

    意図が不明なシステムの追加・修正を、あとから行っているため、変更や修正が難しい。

    システムの仕様が不明なためシステムの再構築が難しい。

     

    ハードウェア・ソフトウェアが古い

    古いハードウェアを使用しているため、故障すると修理できない。

    古いミドルウェアを使用しているため、不具合が発生しても修正されない。

    OSやミドルウェアが古いため、サポートできる技術者がいない。

    古いミドルウェアを使用して開発されたシステムであるため、業務システムをサポートできる技術者がいない。

    専用のハードウェア・OS・ソフトウェアを使用しているため、運用費用や保守費用が高額である。

     

    システム機能低下

    新しい機能を追加・使用することができない。

    アプリケーションの使い勝手が悪い。

    システムが、現在の業務プロセスにあわない。

     

    期待効果(メリット)

    レガシーシステムからオープンシステムへ移行した場合の期待効果(メリット)は、何があるのでしょうか。

    コスト削減

    共通で使用されるハードウェアや広く使われているOSを使用するため、高額な保守・運用費用を低減することができる。

    ⇒オフコンユーザ必見!リプレース費用は?(ハードウェア編)

    移行した場合、既存資産を延命させるための維持コストが、不要になります。

    運用の安定

    新しいOSや新しいソフトウェアを使用している経験者が多くなるため、技術者の要員不足を解消することが可能です。

    共通のハードウェアやOSを使用するため、後継のハードウェアの製造停止、または後継OSがなくなることはありません。

    システムサービスの向上

    新しいソフトウェアを使用して、システム構築することにより、アプリケーションの使い勝手が向上します。

    現在の業務にマッチしたシステムの構築により、システム機能が向上します。

    新しいミドルウェア・言語を使用しているため、アプリケーションのメンテナンスが容易になります。

     

    まとめ

    オフコン(オフィスコンピュータ)システムから、オープンシステムへ移行(マイグレーション)することにより、

    コスト削減
    運用の安定
    システムサービスの向上

    を期待することができます。

     

    参考

    ⇒JCA手順が使えなくなります

    ⇒オフコンは寿命?すぐに廃止すべきつの理由

    ⇒すぐわかるオフコンから移行するオープンシステムの3構造

    ⇒レガシーシステムとオープンシステム7つの違い(ソフトウェア編)

     


    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *