流通BMS運用事例 出荷始まり


     

    流通BMSの運用に、発注メッセージの受信から始まるモデルではなく、卸・メーカーからの出荷から始まるモデルが追加されています。卸・メーカーの出荷始まりモデルの運用例を簡単にご説明します。(20190712日更新)

    流通BMSの運用事例 出荷始まり

    出荷始まりは、発注メッセージ受信から始まる受発注モデルとは異なり、卸・メーカーからの出荷から始まります。出荷開始型モデルと呼ばれ、例外的な運用とされています。

    出荷梱包メッセージ送信・支払メッセージ受信・請求メッセージ送信・支払メッセージ受信までの運用をご説明します。

    出荷梱包メッセージは、紐付けありメッセージを使用することになっています。

     

    ⇒流通BMSのデータ種類(メッセージ)

     

    ・発注データ入力

    出荷始まりは、流通BMSの開始のメッセージである発注メッセージの受信がありませんので、発注メッセージの替わりとして発注データを入力します。

    発注データから、ピッキングリスト(品揃えするための資料)を出力します。

    ・SCMラベル(物流ラベル)印刷

    発注データをもとに、チェーンストア(取引先)のSCMラベル(PDラベル)を印字します。(あるいは、購入済のSCMラベルを使用することもできます)

    ⇒SCMラベルとは

    ・値札印刷

    発注データをもとに、チェーンストア(取引先)の値札を印字します(必要な場合のみ)。

    ・品揃え

    発注データから出力したピッキングリスト(品揃えの資料)を使用し、出荷する商品の品揃えを行います。

    ・検品、梱包作業

    SCMラベル(物流ラベル)・値札(あるいは、JANコード)をバーコードリーダーなどでスキャン検品し(検品システム使用)、商品を梱包します。

    ⇒検品システムとは

    ・出荷作業

    出荷するために必要な送り状・納品明細書などを用意し、出荷します。

    ・出荷梱包メッセージ送信

    発注データと検品データから、出荷梱包メッセージ (紐付き) を作成し、チェーンストア(取引先)へ送信します。

    ・受領メッセージ受信

    出荷から翌日~数日後(チェーンストア(取引先)によって異なります)、受領メッセージを受信します。受領メッセージは、受領の確認に使用できます。

    ・請求メッセージ送信

    チェーンストア(取引先)の締め日毎に、出荷梱包メッセージ(紐付き) から、請求メッセージ を作成し、チェーンストア(取引先)へ送信します。

    伝票レスの場合は、出荷梱包メッセージ (紐付き)が、請求データを兼ねるため、不要ですが、チェーンストア(取引先)によっては、必要な場合もあります。

    ・支払メッセージ受信

    月初(チェーンストア(取引先)によって異なります)、支払メッセージを受信します。支払メッセージは、売掛の照合に使用できます。

    終わりに

    以上が、流通BMS 出荷始まりの運用になります。発注メッセージ・値札メッセージの替わりに、発注データを入力して作成する運用になります。

     

     

    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。

     

    ⇒ページトップへ移


    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *