レガシーマイグレーション(レガシーシステムを移行し経費削減)


     

    基幹システムが、メインフレーム(汎用機)やオフィスコンピュータ(オフコン)上で稼動していませんか?レガシーシステム(汎用機やオフコン)の運用には、高額な費用を払い続ける必要があります。早急に、オープン系のシステムへ移行(マイグレーション)しましょう。

    ⇒メインフレーム(汎用機)

    ⇒オフィスコンピュータ(オフコン)

    移行理由

    メインフレーム(汎用機)やオフィスコンピュータ(オフコン)上で動作するシステムは、クローズ(閉鎖的)なシステムであるため、オープン系のシステムに比べ、高額な経費が必要になります。また、サポートや新規開発することができるSE(システムエンジニア)や開発者も少なくなってきています。

    ⇒オフコンは寿命?すぐに廃止すべき3つの理由

     

    費用

    現在稼働中のシステムの運用を維持するために、どのくらいの費用がかかっているかご存知でしょうか?

    運用費用の一部が、ハードウェアのリース費用(月額)になります。では、オープンシステムのハードウェアを導入した場合のリース費用(月額)は、どのくらいかかるのでしょう。

    ⇒オフコンユーザ必見!リプレース費用は?(ハードウェア編)

     

    メリット

    オープンシステムに移行(マイグレーション)した場合、どんなメリットがあるのでしょう。

    ⇒オフコンユーザ必見!移行(マイグレーション)の期待効果3つ

     

    ハードウェア構成例

    オンプレミス(自社設置)でのハードウェアの構成例になります。サーバーを一台で構成することも可能です。

    Windows Server 2016(サーバーOS) のアプリケーションサーバー と  Windows Server 2016(サーバーOS) + SQL Server 2017(データベース) のデータベースサーバー が必要になります。(注:Windows Server 2016 または Windows Server 2019

     

    オープンシステムへ移行(マイグレーション)した場合の機器構成例

     

    お問合せ

    メインフレーム(汎用機)やオフィスコンピュータ(オフコン)のサポート及び開発経験のあるSE(システムエンジニア)が、最適なオープンシステムを構築します。

     

     

    ※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録

    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *