手順

手順(プロトコル)について、ご説明します。

EDI

流通BMSを始めるために必要な3つのソフトウェア

チェーンストアが流通BMSを開始するので、卸・メーカーも流通BMSをやってくださいとのことだが、どうしたらいいかわからない。チェーンストアの資料におすすめのソフトウェアがあるが、これがよいのかもわからない。 卸・メーカーが、流通BMSを始めるために必要な3つのソフトウェアをご説明します。(クライアント側)
EDI

JX Protocol Client V2.3(JX手順クライアント版) 主要機能

JX Protocol Client V2.3(JX手順 クライアント版 V2.3 ソフトウェア)の主要機能、必要環境になります
EDI

すぐにわかる流通BMS

流通BMSとはなんでしょう。今までのEDIとの違いと運用例から流通BMSの概要を簡単にご説明します。
EDI

チェーンストアシステム 流通BMS対応版

流通BMSメッセージを受信し、検品システムへ受け渡し、流通BMSメッセージを作成し、送信します。チェーンストアとの流通BMSのソフトウェアのパッケージ(受注システム)は、このシステムをお薦めします。メーカー・卸(クライアント)側のシステムになります。
EDI

製品 Q&A

製品 のQ&Aになります。
EDI

JX Protocol Client V2.3(JX手順クライアント版)

JX Protocol Client V2.3(JX手順 クライアント版 V2.3 ソフトウェア)は、クライアントから、流通BMSの通信手順のひとつであるJX手順を使用してサーバーと通信を行います。流通BMSメッセージ送受信ソフトウェアになります
EDI

MsgTransV2.0(メッセージ変換システム)

Msg Trans V2.0(流通BMSメッセージ変換システム)は、流通BMSのJX手順を使用した受信データをCSV形式データに変換、またはCSV形式データを流通BMSの送信データに変換します。
EDI

JX Protocol Server V2.2(JX手順サーバー版)

JX Protocol Server V2.2(JX手順 サーバー版 V2.2 ソフトウェア)は、サーバーにて、流通BMSの通信手順のひとつであるJX手順を使用してクライアントと通信を行います。サーバー側の流通BMSメッセージ送受信ソフトウェアになります。
EDI

JX Protocol Server V2.2(JX手順サーバー版) 主要機能

JX Protocol Server V2.2(JX手順 サーバー版 V2.2 ソフトウェア)の主要機能、必要環境になります
EDI

チェーンストアシステム 流通BMS対応版 運用例

チェーンストアシステム 流通BMS対応版 ソフトウェア パッケージの標準の運用以外の運用例をご紹介します。