JX Protocol Server V2.2(JX手順サーバー版)

    Pocket

     

    JX Protocol Server V2.2JX手順 サーバー版 V2.2 ソフトウェア)は、サーバーにて、流通BMSの通信手順のひとつであるJX手順を使用してクライアントと通信を行います。サーバー側の流通BMSメッセージ送受信ソフトウェアになります。
     
            JX手順とは⇒

    用途

    本社と支店・営業所間など、メール以外の方法を使用して、データのやり取りを行いたい。

    客先などに、データを配布し、配布データに対して回答データがほしい。

    このような場合に、自社・本社側に必要なシステムになります。支店・営業所・客先には、JX Protocol Client V2.0(JX手順クライアント版)が必要になります。

    ⇒JX Protocol Client V2.0(JX手順クライアント版)

     

    主な機能

    JCA手順・全銀TCP/IP手順などに替わる手順である、流通BMSの通信手順 JX手順を使用してインターネット経由でメッセージの送受信を行います

     

    JX Protocol Server V2.2 主な機能 画像

     

    ・サーバにて、クライアントからの流通BMSメッセージを受信あるいは、流通BMSメッセージを、クライアントへ送信します。
     
        クライアントから受信した流通BMSメッセージをデータベースに保存します
        データベースに保存したクライアントからの流通BMSメッセージを抽出します
        クライアントへ送信する流通BMSメッセージをデータベースに保存します
        データベースに保存した流通BMSメッセージをクライアントへ送信します
     
        流通BMSメッセージの圧縮ファイルも対象としています

    ・データベースへ設定・抽出するユーティリティをご用意しています。(送受信データ設定ユーティリティ)
       
    ・送受信データ照会を使用して、送受信したデータのデータベース更新結果を確認することができます。

    ・データベースへ設定・抽出する処理を自動起動するために、自動起動を簡単に登録することができるユーティリティを、ご用意しています。

    8時に、データベースへ送信データを設定する処理を自動起動する
    18時に、データベースから受信データを抽出する処理を自動起動する
     
    ・流通BMS JX手順 メッセージ情報バージョン V1.3対応。


    ・テスト使用の為の試用版も、ご用意しています。

     

    JX Protocol Server V2.2 主要機能

     

    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。

    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *