Shipping Inspection System(出荷検品システム)


     

    Shipping Inspection System(出荷検品システム)は、検品予定のデータを使用して、出荷検品作業をサポートし検品実績データを作成します。流通BMSの出荷検品ソフトウェアになります。

    検品システムとは⇒

    主な機能

    Shipping Inspection System(出荷検品システム) システム概要 画像

     

    ・流通BMS受注ソフトウェア(弊社製チェーンストアシステム 流通BMS版 等)から検品予定情報を受け取り、パソコンあるいは  ハンディーターミナルを使用して、検品チェック作業を行ないます。

    ・SCMラベルと値札(あるいはJANコード)をスキャンし、検品予定情報と異なる場合は、ブザー音でお知らせします。またメンテナンス画面を使用して、出荷数、欠品数を入力・修正することも可能です。

    ・検品予定情報に対応した検品実績情報を流通BMS受注ソフトウェア(弊社製チェーンストアシステム 流通BMS版 等)へ渡します。

     

    WEB-EDI対応版

    WEB-EDIからのダウンロードした発注データを使用して検品を行うことも可能です。

    ・ダウンロードした発注データを検品予定情報として受け取り、パソコンあるいは  ハンディーターミナルを使用して、検品チェック作業を行ないます。

    ・検品予定情報に対応した検品実績情報を元に事前出荷情報を作成しますので、そのまま事前出荷情報をWEB-EDIからアップロードするだけで作業が終了します。

     

    特長

    2種類のシステム

    Shipping Inspection System(出荷検品システム)は、二通りのシステムをご用意しています。出荷作業に合致したシステムを選択できます

    パソコン+ハンディスキャナー(バーコードスキャナー)版

    物量が少なく一箇所で運用する場合などに

    パソコンに、本システムをセットし、ハンディスキャナー(バーコードスキャナー)を使用してバーコードをスキャンします

    ハンディターミナルが不要になるため、ハードウェア費用が安価になります

    パソコン+ハンディーターミナル版

    物量が多く複数の作業者で運用する場合などに

    パソコンとハンディーターミナルに、本システムをセットし、ハンディーターミナルを使用してバーコードをスキャンします

    無線式のハンディターミナルを使用しますので、同時に複数の作業者が検品することができます

     

    簡易入力

    検品作業には使用しないが、流通BMSの出荷メッセージを作成するために、実績データが必要な場合、SCMラベルのスキャンのみで、実績データを作成することが可能な簡易入力を利用できます。

     

    複数チェーンストア対応

    Shipping Inspection System(出荷検品システム)は、基本システム+オプションシステム(チェーンストア毎)から構成されていますので  必要なオプションシステム(チェーンストア毎)を選択できます。

    基本システム   :必須
    オプションシステム:選択

    異なるチェーンストアでも同一のオペレーションで運用することができます

    チェーンストアを増やす場合でも、オプションシステムのみを追加することで安価に対応できます。

     

    主要機能

    検品予定情報取込

    流通BMS受注ソフトウェア(弊社製チェーンストアシステム 流通BMS版 等)から検品予定情報を受け取りデータベースに格納します

    検品入力

    データベースの検品予定情報を元に、SCMラベルと値札(あるいはJANコード)をスキャンし、チェックします      

    検品照会

    検品予定情報及び出荷数、欠品数・欠品理由などを表示します      

    検品状況照会

    検品作業の進捗状況などを表示します      

    検品メンテ入力

    出荷数の修正、欠品数・欠品理由の入力および梱包№の修正などを行ないます

    検品実績情報出力

    流通BMS受注ソフトウェア(弊社製チェーンストアシステム 流通BMS版 等)へ検品実績情報を出力します

    イレギュラーデータのチェックを行い、正常データのみを出力します

     

    必要環境

    OS  Windows 8.1  32BIT、64BIT
      Windows 10   32BIT、64BIT
    CPU  2.8 GHz 以上の 32 ビット (x86)
      または 64 ビット (x64)プロセッサ
    メモリ

      1 GB (32 ビット)以上 または 2 GB (64 ビット)以上

      (4 GB以上を推奨)

    ディスク  100MB以上の空き容量(セットアップ時)
      (使用するデータ量に依存)
    その他  インターネット接続可能であること
      .NET Framework Version 4.6.1 以上 
     

    上記は、パソコン+ハンディスキャナー(バーコードスキャナー)版の環境になります。

    本システムは、流通BMS受注ソフトウェア(弊社製チェーンストアシステム 流通BMS版 等)、または検品予定情報・検品実績情報を取り扱うソフトウェアあるいはWEB-EDIが別途必要となります。(他社製のソフトウェアをご使用の場合は、お知らせ下さい)

     

    価格            

     価格保守料
    出荷検品システム 基本システム¥250,000¥50,000
    出荷検品システム オプション(チェーンストア毎)¥100,000¥10,000

    ※消費税別

    1:価格には、初年度の保守料が含まれています。
    2:2年目以降も保守を継続する場合の保守料です。

    3:パソコン+ハンディスキャナー(バーコードスキャナー)版の価格になります。(バーコードスキャナーの価格は含まれておりません)

    4:WEB-EDI対応版は、別途お問い合わせください。

    ※記載の情報は予告なく変更する場合があります。

     

    ご質問・ご用命は、 お問合せ から

    こちらもご覧ください。 製品 Q&A

           

     

    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。
    ※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *