Shipping Inspection System

    Pocket

     

    Shipping Inspection System(出荷検品システム)は、流通BMSのデータを使用して、出荷検品作業をサポートし検品実績データを作成します。出荷検品ソフトウェアになります。

    検品システムとは⇒

     

    主な機能

    Shipping Inspection System(出荷検品システム) システム概要 画像

     

    ・弊社製チェーンストアシステム 流通BMS版 から検品予定情報を受け取り、パソコンあるいは  ハンディースキャナーを使用して、検品チェック作業を行ないます。

      二通りのシステムをご用意
        物量が少なく一箇所で運用する場合は、パソコン+ハンディスキャナー版
        物量が多く複数の作業者で運用する場合は、ハンディーターミナル版

    ・基本システム+オプションシステム(チェーンストア別)から構成されていますので  必要なオプションシステム(チェーンストア別)を選択できます。

        基本システム   :必須
        オプションシステム:選択

    ・SCMラベルと値札(あるいはJANコード)をスキャンし、検品予定情報と異なる場合は、ブザー音でお知らせします。またメンテナンス画面を使用して、出荷数、欠品数を入力・修正できます。

    ・検品予定情報に対応した検品実績情報を弊社製チェーンストアシステム 流通BMS版 へ渡します。

     

    主要機能

    検品予定情報取込弊社製チェーンストアシステムから検品予定情報を受け取りデータベースに格納します
    検品入力データベースの検品予定情報を元に、検品作業をサポートします      
    検品照会検品予定情報及び出荷数、欠品数・欠品理由などを表示します      
    検品メンテ入力出荷数の修正、欠品数・欠品理由の入力および梱包№の修正などを行ないます
    検品実績情報出力弊社製チェーンストアシステムへ検品実績情報を出力します      

     

    必要環境

    OS  Windows 7     32BIT、64BIT
      Windows 10   32BIT、64BIT
    CPU  2.8 GHz 以上の 32 ビット (x86)
      または 64 ビット (x64)プロセッサ
    メモリ

      1 GB (32 ビット)以上 または 2 GB (64 ビット)以上

      (4 GB以上を推奨)

    ディスク  100MB以上の空き容量(セットアップ時)
      (使用するデータ量に依存)
    その他  インターネット接続可能であること
      .NET Framework Version 4.0 以上 
      (一部機能 .NET Framework 4.6.1 以上)

    上記は、パソコン+ハンディスキャナー版の環境になります。

    本システムは、弊社製 チェーンストアシステム(流通BMS対応版)が、別途必要となります。

     

    ご質問・ご用命は、 お問合せ から

     

     

    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。
    ※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *