流通BMSを始める為の2つのEDIモデルの選択方法


    流通BMSを始めるためには、取引する双方(チェーンストア、卸・取引先)の機器構成(EDIモデル)を決定する必要があります。機器構成には、2つのEDIモデルが想定されています。

    • サーバ - サーバ 型(S-S型)
    • サーバ - クライアント 型(C-S型)

    どちらを選択すべきなのかご説明します。(2019.04.03更新)

    流通BMSのEDIモデル

    サーバ - サーバ 型(S-S型)

    チェーンストア(小売)と卸、それぞれにサーバのシステムをおき、常時接続するモデル。チェーストア側と卸側、どちらからでも、いつでも起動できます。

    大容量データを取り扱う場合に向いています。1回のデータ量が 1万行(7行/伝票の場合 約1428枚)を超えるケースを想定しています。

    サーバを必要としますので、サーバ - クライアント 型よりコストは、高くなります。

    通信プロトコルは、ebMSAS2 となります。

    ⇒プロトコルとは

     

    サーバ - クライアント 型(C-S型)

    チェーストア(小売)側にサーバのシステム、卸側にクライアント(パソコン)のシステムをおき、送受信の都度、卸側から起動し、接続します。チェーストア(小売)側のサーバのシステムは、常時起動しておく必要があります。(受信可能時間のみ)

    小容量データを取り扱う場合に向いています。1回のデータ量が 1万行(7行/伝票の場合 約1428枚)を超えないケースを想定しています。

    (但し、たとえば2回送受信すれば、データ量は合計2万行(最大)まで送受信できることになります。したがって、同一データを複数回送受信すれば、ある程度のデータ量を送受信できることになります)

    卸側のハードウェアは、パソコンを一台とインターネット接続環境を用意するだけですので、コストは、低めで、導入も比較的容易です。

    通信プロトコルは、JX手順 となります。

    ⇒JX手順

    まとめ

    サーバ-サーバ型は、大容量データを即座にやりとりする場合に必要となりますので、特定の関係性がある場合にのみ使用されると思われます。また、海外とのEDIを行なう場合には、ebMS手順AS2手順を使用することになります。

    サーバ-クライアント型の運用形態は、JCA手順、全銀TCP/IP手順と同じ運用形態となりますので、現在JCA手順、全銀TCP/IP手順をお使いのかたあるいは新たに流通BMSを始めるかたは、こちらを選択することになります。(また、現在EDIをお使いのかたは、既存の設備を利用できる場合もあります)

    ⇒流通BMS導入手順事例

    ⇒流通BMSソフトウェアの3つの選び方

    ⇒4点から見る失敗しない流通BMSの導入

     

     

    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。 


    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *