JX Protocol Server V2.2 主要機能

    Pocket

     

    JX Protocol Server V2.2(JX手順 サーバー版 V2.2 ソフトウェア)の主要機能、必要環境になります
     
     

     

    主要機能

    準拠2007年度版 JX手順の機能
    但し、送受信時とも、メッセージ種指定が必須
    認証SSLサーバ認証
    HTTPベーシック認証
    実装機能

    サーバからクライアントへのメッセージ提供
    クライアントからサーバへのメッセージ取得

    通信

    流通BMS標準化XMLメッセージの送信
    流通BMS標準化XMLメッセージの受信

    メッセージ

    受信メッセージをデータベースへ格納

    データベースから受信メッセージをファイル出力(xml あるいは 圧縮形式)

    送信メッセージをデータベースへセット(xml あるいは 圧縮形式)

    但し、本システムでは、下記は処理しない
    受信メッセージをXML形式から変換する
    送信メッセージをXML形式に変換する

    (SOAPヘッダ内のメッセージ種別とデータのメッセージ種別は、チェックしません)

    文書形式SecondGenEDI 流通ビジネスメッセージ標準形式
    文書種別“Order”
    “Return Notification”
    “Receiving Notification”
    “Payment”
    “Price Tag”
    “Fresh Order”
    “Fresh Receiving Notification”
    “Fresh Return Notification”
    “Picking List”

    “Shipment Notification”
    “Package Shipment Notification”
    “Non-associated Package Shipment Notification”
    “Invoice”
    “Fresh Shipment Notification”

    注:他に追加することも可能(本システムでは、文書の内容はチェックしません)

    圧縮形式“zip”、”jar”、”tar”、”gz”
    注:本システムでは、圧縮解凍処理はしません

     

    必要環境

    OS

    Windows Server 2012R2

    Windows Server 2016

    Windows Server 2019

    CPU2 GHz 以上のプロセッサ
    メモリ

    4 GB以上                   

    ディスク

    1GB以上の空き容量(セットアップ時)

    動作時は、送受信ファイル分の空き容量及びデータベース容量が必要

    データベース

    Microsoft SQL Server 2012

    Microsoft SQL Server 2014

    Microsoft SQL Server 2016

    Microsoft SQL Server 2017

    ※Express , Standard , Enterprise

    ※本システムには含まれておりません(別途ご用意下さい)

    その他

    インターネット接続可能であること
    .NET Framework Version 4.0 以上 
    (一部機能 .NET Framework 4.6.1 以上)

    TCPポート(設定による)を使用

    インターネット経由の接続の場合は、別途 固定IPが必要

    インターネット通信の暗号化(https化)を行う為、別途 SSLサーバー証明書が必要

     

    本システムは、受信時は、流通BMSメッセージ(XMLファイル)を出力し、送信時は、流通BMSメッセージ(XMLファイル)を、送信します。(XMLファイルを圧縮した場合も可能です)
    流通BMSデータの作成、読込の処理を行うシステムが、別途必要となります。

    本システムは、ライセンス確認のため、インターネットを使用してライセンス認証を行います。

     

    価格

     価格保守料
    JX Protocol Server V2.2(JX手順サーバー版)¥250,000¥60,000

    ※消費税別

    ※記載の情報は予告なく変更する場合があります。

     

    まずは、試用版をお試し下さい。

    また、ご質問・ご用命は、 お問合せ から

     

    ※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。
    ※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録

    無料試用版:JX手順 クライアント版に対応した JX手順 サーバー版

     


    弊社の JX手順 サーバー版をより理解して頂くために、JX Protocol Server V02JX手順 サーバー版)の試用版をご用意しました。試用版をお試しいただいた上で、ご判断いただければ幸いです。


    なお、2週間の試用期間となります。(期間の延長をご希望される場合は、弊社までご連絡下さい。)


     


    ⇒JX Protocol Server V02(JX手順 サーバー版)


     


    下記の内容を、ご確認の上、ボタンを押下して下さい。


    JX Protocol Server V02JX手順 サーバー版)の試用版の著作権は、株式会社アイシーエヌシステムにあります。


    JX Protocol Server V02JX手順 サーバー版)の試用版の使用から生じるいかなる損害の責任も、直接間接を問わず、弊社は、一切負いません。


    JX手順 サーバー版(試用版)を申し込む

    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *