JX Protocol Client V2.3(JX手順クライアント版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
JX Protocol Client V2.3JX手順 クライアント版 V2.3 ソフトウェア)は、クライアントから、流通BMSの通信手順のひとつであるJX手順を使用してサーバーと通信を行います。流通BMSメッセージ送受信ソフトウェアになります。
 
 

主な機能

JX Protocol Client V2.3 主な機能 画像

 
 
 
・クライアントにて、サーバーからの流通BMSメッセージを受信または、流通BMSメッセージを、サーバーへ送信します。
流通BMSメッセージの圧縮ファイルも対象としています
サーバーURIがHTTPSの場合、SSL通信となります
 
・流通BMS JX手順 メッセージ情報バージョン V1.3対応。
 
 
・すぐに利用できるユーティリティをご用意しています。(送受信ユーティリティ)
 
送受信処理の前後に、他のアプリケーションを起動することが可能です。


受信処理の後に、流通BMSメッセージを処理するアプリを起動します
流通BMSメッセージを作成するアプリを起動後、送信処理を実行します

 
・自動起動を簡単に登録することができるユーティリティを、ご用意しています。
朝8時に、受信処理を自動起動する 
 
 
・送受信後に、送受信データ照会を使用して送受信の結果を確認することができます。
 
 
・本サブルーチンを使用して、JX手順を使用した通信アプリ(.NET)を作成することができます。(V2.3より機能追加
 
 
・テスト使用の為の試用版も、ご用意しています。(テスト環境もご用意致します)
 
 

送受信ユーティリティ

チェーンストアとの送受信の環境設定を指定し、送受信を行ないます

JX Protocol Client V2.3 送受信ユーティリティ 画像

 

設定

・チェーンストア(サーバー)と卸・メーカー(クライアント)のJX手順の設定を入力し、登録・修正します(通信前と通信後に実行するアプリケーションのパスを指定します)

・チェーンストア(サーバー)毎に使用するメッセージ種別の情報を設定します

 
実行
・送受信前に、通信前に指定したアプリケーションがあれば、指定したアプリケーションを実行します
 
・チェーンストア(サーバー)毎に指定した種別の流通BMSメッセージを、チェーンストアから受信し、指定したパスの受信ファイルへセットします
・チェーンストア(サーバー)毎に指定した種別の流通BMSメッセージを、指定したパスの送信ファイルからチェーンストアへ送信します
 
・送受信後に、通信後に指定したアプリケーションがあれば、指定したアプリケーションを実行します
 
 

スケジューラ設定

タスクスケジューラへ、送受信処理を自動起動するよう設定します

JX Protocol Client V2.3 スケジューラ設定 画像

 

送受信ユーティリティを自動起動する情報を設定します。

送受信ユーティリティのチェーンストアを指定することにより、送受信の環境設定の入力は省略できます。

 
設定項目
自動起動するパラメータを指定します

・送受信ユーティリティのチェーンストアを指定
・開始時刻:実行開始時刻を指定
・実行頻度:毎日・毎週・第一週・第二週・第三週・第四週などを指定
・曜日  :曜日を指定
・日   :1~31を指定

 

 

 

JX Protocol Client V2.3(JX手順クライアント版)主要機能 へ

 

 

 

※流通BMSは、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流通BMSが成功する安価なJX手順 クライアント版


 

JX Protocol Client V02(JX手順 クライアント版)を使用することで、簡単に流通BMSを実現させることができます。

⇒流通BMSを始めるために必要な3つのソフトウェア

 

弊社の JX手順 クライアント版をより理解して頂くために、JX Protocol Client V02JX手順 クライアント版)の試用版をご用意しました。試用版をお試しいただいた上で、ご注文をいただければ幸いです。

また、ご要望をいただければ、弊社サーバと通信テストを行うことも可能です。

なお、2週間の試用期間となります。(期間の延長をご希望される場合は、弊社までご連絡下さい。)

 

下記の内容を、ご確認の上、ボタンを押下して下さい。

JX Protocol Client V02JX手順 クライアント版)の試用版の著作権は、株式会社アイシーエヌシステムにあります。

JX Protocol Client V02JX手順 クライアント版)の試用版の使用から生じるいかなる損害の責任も、直接間接を問わず、弊社は、一切負いません。


JX手順 クライアント版(試用版)を申し込む

SNSでもご購読できます、E/h4>

コメントを残す

*