WINDOWS UPDATE 2018年11月分 IE表示不可


    201811月分のWindows UPDATE を行なった、Windows 7 のパソコンが、IEでWEBに接続できないと連絡がありました。

     

    20181115日、お客様から、Windows 7 でIE(インターネットエクスプローラ)を使用して、WEBを表示しないとのこと。

     

    状況

    IE(インターネットエクスプローラ)を起動すると、MSNのWEBを表示する設定になっているが、MSNのWEBが表示されない。昨日は、正常に表示されていたとのこと。Chromeで、MSNのWEBを表示してみると、正しく表示しているので、インターネット環境に問題はないと思われる。

    昨日、Windows UPDATE が自動実行されている。KB4467107 と KB4467240 が正常に終了している。

    KB4467107 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ

    KB4467240 .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ

     

    KB4467240 は、.NET FRAMEWORK なので、無関係。KB4467107 ではネットワークインターフェイスコントローラが機能しなくなることがあるとのこと。原因は、KB4467107 と思われます。

     

    操作

    調査

    KB4467107 なら、手動でドライバを再インストールすれば、治るらしい。

    デバイスマネージャで、”ほかのデバイス”を探し、”ハードウェア変更のスキャン” を実行すると治るとのこと。しかし、”ほかのデバイス”はない・・・。

    また、Chrome では正常に表示するから、これは該当しない。

     

    削除

    最期の手段、WINDOWS UPDATE を削除します。

    コントロ-ルパネルから”プログラムと機能”を選びます。

    ”プログラムと機能”画面で、左ペインにある”インストールされた更新プログラムを表示”をクリックします。

    ”インストールされた更新プログラム”画面が表示されますので、削除するプログラムをクリックして、アンインストールをクリックします。

    パソコンを再起動し、IEを実行すると、WEBが表示された。

     

    非表示

    このままでは、更新プログラムが自動実行されるので、実行されないように非表示にします。

    コントロ-ルパネルから”WINDOWS UPDATE”をクリックします。

    ”Windows Update”画面が表示されるので、”✖✖ 個の更新プログラムが利用可能です”をクリックします。

    プログラム一覧から、非表示にする更新プログラムを右クリックし、”更新プログラムの非表示”をクリックします。

    非表示にしたプログラムが、グレーアウト(灰色表示)されます。

     

    終わりに

    Chromeは、大丈夫だが、IEが表示しないとは・・・。何とも言えません。

     


    SNSでもご購読できます、E/h4>

    コメントを残す

    *