TOP >


流通BMSとはなにか?


そもそも、流通BMSとはなにか?おおざっぱですが、チェーンストアと卸・メーカーの間の取引(情報と商品の納品方法)の決め事です。

一般的な取引

一般的な取引では、発注書や注文書を受け取り、商品(納品書とともに)を納品します。

    チェーンストア → 卸・メーカー  発注(発注書・注文書)
    卸・メーカー  → チェーンストア 納品(商品・納品書)

流通BMSでは、この取引にコンピュータを使用することになります。発注書・注文書をFAXや電話でうけるのではなく、コンピュータで発注情報として受信します。 商品を納品するときに、納品書のかわりにコンピュータで納品情報を送信します。


流通BMS


情報と商品の流れ
    チェーンストア → 卸・メーカー 発注(コンピュータで発注情報を受信)
    チェーンストア ← 卸・メーカー 納品(商品)
    チェーンストア ← 卸・メーカー 納品(コンピュータで納品情報を送信)

そもそも、何故、コンピュータを使うのでしょうか?コンピュータを使用してデータの受け渡しをおこなえば、納品伝票を使用する必要がなくなります。伝票がいらなくなれば、その伝票の作成や使用する作業が不要になります。(伝票レス)

また、納品情報を、卸・メーカーとチェーンストアが共有することで、チェーンストア側での検品作業も簡略化できます。

詳細は、こちらへ  ⇒流通BMSとは

    

流通BMSに切り替えるメリットは?


伝票レスによる経費・作業工数の削減は、大きなメリットになります。また、使用する回線がインターネット回線ですので、既にインターネットを使用している場合は、回線費用は不要です。

⇒流通BMS導入のメリット



弊社製品

JCA手順の代替手順のひとつであるJX手順を使用した弊社の製品です。

チェーンストアシステム 流通BMS対応版

JX Protocol Client V2.0(JX手順クライアント版)




▲このページのトップへ